事業系ごみの搬入

事務所、商店、飲食店、農家、学校などの事業活動に伴って排出されるごみは「事業系ごみ」であり、 家庭ごみとは分別・排出ルールが異なります。

事業系一般廃棄物の代表例

  • 事業所,商店等から出る紙くず,茶ガラ,梱包に使った木くず等
  • 飲食店,従業員食堂から出る残飯,野菜くず
  • 卸小売業から出る野菜くず,魚介類等

事業系一般廃棄物の処理方法

事業系一般廃棄物は,以下の処理方法のいずれかで処理してください。

  1. 新聞・雑誌・ダンボール・アルミ缶・スチール缶・金属類などの資源は、ごみとして廃棄せずに分別して、資源収集業者や廃棄物処理業者に引き取ってもらう
    (収集方法や引取り価格などについては、個々の業者にお問い合わせください。)
  2. 事業者自身の所有する廃棄物処理施設で処理する
  3. 清掃センターに自分で搬入し,処理する(産業廃棄物は搬入できません)
  4. 組合が許可する収集運搬許可業者に委託する(一般廃棄物収集運搬許可業者一覧

事業系一般廃棄物は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」)で自らの責任で適正に処理することと定められております。

事業活動には,会社・商店・事務所・飲食店・工場など営利を目的とするもののほか,病院・社会福祉施設・官公庁・学校などの公共サービス等も含まれます。業種,規模は問いません。

事業系ごみは,主に「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」に分けられます。

地域の集積所は利用できません。

清掃センターに持ち込む場合は以下の処理手数料が必要です。

廃棄物(生ごみを除く) 10kgまでごとに105円
生ごみ 10kgまでごとに30円
  • 生ごみについては、リサイクルコンポストセンターに持ち込んだ場合に限ります。
  • リサイクルコンポストセンターに直接搬入したい場合は、事前に協議をお願いします。

事業系ごみ分別辞典

事業系ごみの分別について、事業系ごみ分別を確認してください。

事業系向けのごみ分別辞典[PDF:2.1MB]

施設利用許可

一般事業者(一般家庭以外全て)は施設利用許可を受けないと清掃センターへ搬入・予約できません。事前に施設利用許可申請書を提出し、許可番号を取得してください。許可番号が無いと一般事業者はごみ搬入・精算手続きができません。

詳しくは施設利用許可申請を確認してください。

事業系古紙の搬入規制について

令和5年4月1日から盛岡・紫波地区環境施設組合清掃センターにおいて事業系古紙類の搬入規制を実施します

 事業系ごみの減量及び資源化を推進するため、資源化可能な事業系古紙類の搬入規制を実施し、令和5年4月1日から以下の5品目を搬入することができません。資源化可能な事業系古紙類の分別とリサイクルにご協力をお願いいたします。

清掃センターに持込めなくなる古紙類

  • 新聞・チラシ
  • 雑誌
  • 段ボール
  • 雑がみ(【雑がみ一例】 ・厚紙 ・ロールの芯 ・封筒 (窓は切り取ること) ・カレンダー (金属部分は取ること) ・菓子箱 ・6缶パック包装 ・紙ファイル(留め具は外すこと) ・ティッシュ箱  (ビニールを取ること)。)
  • OA紙(ただし、機密文書やシュレッダー紙は、これまでどおり搬入できます。)

※次の資源化できない紙類(禁忌品)は、これまでどおり可燃物として清掃センターに持ち込むことができます。

汚れた(濡れた)紙、匂いのついた紙、圧着はがき、感熱紙、裏カーボン紙、ノーカーボン紙、粘着物が付着した封筒、 シール、防水加工された紙、印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、金銀などの金属が箔押しされた紙、捺染紙等

資源は民間の資源回収業者へ搬入し、リサイクルに努めるようお願いします。

書類を入れている段ボールについては持ち帰っていただくようにお願いします。

ただし、清掃センター内で、段ボールから書類を取り出す作業は、転落事故の可能性のある危険作業のため、推奨しません。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード
このページの
先頭へ戻る